Megan Publishing Services

アンドロポフの時鳥-Andropov’s Cuckoo

アンドロポフの時鳥

愛と陰謀、そしてKGBの物語

物語は、南スペインの保護施設で、妻を酷く恋しがっている、八十歳の男やもめウィリアムから始まる。彼は、ただ死ぬことを待っており、妻のヨウリコと再会することを楽しみにしている。彼には、あまり長い時間は残されていないが、ある時、勇敢だった妻の話が人々に伝えられるべきだと決意する。もし妻が生きていたら、きっとそうさせてはくれなかっただろうけれど。

まず、紹介されるのは、広島で原爆を経験した夫婦だ。それから、その娘であるユイが紹介される。彼女は、アメリカが軍を占領していることに対して、急進的な考えを持っている。

次に、同じように戦争に巻き込まれていた、ソビエト・カザフスタンの夫婦が紹介される。妻は、生産性を上げるために地元の職員たちを扇動する、政府職員だ。そして、彼女の娘が紹介される。

数度に渡る、その地域への日本共産党からの訪問を通して、このロシア人一家と日本人一家は出会うことになり、関係が続いていく。特に娘たちは、親密になっていく。実際、彼女たちは、外見がそっくりでもあるのだ。

彼女たちは、身元を交換するという計画を企むが、日本人の娘は、ソビエト連邦での未来は見ていない。彼女は、アメリカに行きたいのだ。

交換は実行に移され、ロシア人の娘は、ユイと名乗るようになり、日本の外務省で仕事を得る。その後、彼女は外交部署に異動になり、その間ずっと、彼女のボスであり、KGBの議長であるアンドロポフのために、スパイ活動をする。

彼女は、仕事に幻滅するようになり、不興を買い、今はカナダにいる自分の分身に会いに行こうと、逃亡を試みる。彼女は、捕まり、恐ろしいルビャンカ刑務所に入れられ、見せしめ裁判の後、収容所に送られる。

彼女が、収容所を出ると、アンドロポフは彼女に同情し、『甘い罠』スパイ組織のボスとしての仕事を与える。その仕事をしている途中、彼女は、イギリス人留学生に恋に落ちる。そして、残りの物語をかけて、コーカサスを通ってトルコに至るまで、馬の背中に乗って、彼女は国から逃亡する。そこで、彼女は英国大使館に、自ら身柄を預けることになるのだ。

徹底的な事情聴取の後、彼女はUKに留まることを許可され、授業の最中であった、生涯の恋人を驚かせに行く。

ヨウリコとウィリアムは、アンダルシアで彼女が亡くなるまで、長い人生を共に過ごすことになる。

本の最終章では、彼女がその腕の中に再び彼を迎えるために、彼の前に立ち、彼は妻の名前を呼びながら、死んでいく。

この原稿を見つけたのは、医師であり、彼がこの物語を出版したのである。

Amazon   Apple iTunes GooglePlay   Kobo   Audiobook

Exit mobile version